リノベーション・デザインリフォームは南青山・厚木の一級建築士事務所エンラージ

あなたのお家は…突然の地震に耐えられますか?
昭和56年以前に建てられた建物
昭和56年以前に建てられた建物

1981年6月に建築基準法が改正され、耐震基準が強化されました。1995年の阪神淡路大震災で、1981年以降建てられた建物の被害が少なかったことが報告されています。

軟弱な地盤に建っている建物
軟弱な地盤に建っている建物

軟弱な地盤は日本中にあります。特に都市部に多く、注意が必要です。軟弱地盤は揺れが大きくなるので壁量も50%増しにするよう、建築基準法で定められています。


オーバーハングした建物
オーバーハングした建物

1階より2階が飛び出している建物、2階部分を1階の柱だけで支えるピロティー状の建物のことです。不安定な家になりがちですが、実際多く建てられています。

1階に壁が少ない建物
1階に壁が少ない建物

1階が店舗や車庫、大きな窓などの建物です。壁が無いと耐震性の乏しい建物になってしまい、1階部分だけが倒壊という危険性があります。


下屋の大きい建物
下屋の大きい建物

建物は1階と2階の外壁線が揃っていた方が、構造上安定します。一見、2階が小さく1階が大きい建物は安定感がありそうですが、2階の外壁の下に壁がない場合は問題があり、建物に負担がかかります。

老朽化した建物
老朽化した建物

ここでいう老朽化した建物とは、築年数が古いということではありません。土台や柱などが腐ったり、シロアリ被害にあっていたり、雨もりがしていたりと、強度に不安のある建物のことです。


1つでも当てはまった方は要注意です!
無料で受けられる耐震診断を受けてみませんか?
無料診断で行うこと
説明・問診

現地調査をし、調査票に基づいて診断書を作成します。

屋内調査

各部屋の仕上げ、筋交いの有無や床の傾きなどを
調べます。床下の浸食や湿気を確認します。


屋外調査

屋根・外壁の劣化具合を調査します。
基礎のひび割れ、ブロック塀の傾きなども調べます。

敷地調査

地盤の様子を見ます。
傾斜があるか、平たんか、崖か、など地形を調べます。


エンラージでの耐震診断対象物件(木造戸建住宅)

(1) 木造の建築物で、「従来軸組み工法」、階数が2以下 床面積500㎡以下等の要件に適合するもの。
(2) 併用住宅の場合は、延べ面積の過半が住宅の用に供されているもの。
(3) 原則として、木造戸建て住宅の所有者が申し込みをするもの。

耐震リフォームをして、安心の家になりました。
  • 子供が成長して、部屋数が足りなくなった!
  • 我が家は地震に耐えられるの?前からずっと心配だった!
  • リフォームと一緒に無料で見てもらえない?
よくあるご質問
Q1.そもそも、なぜ耐震診断を受けなければならないの?

家の現状を把握し、プランを立てるためです!
住宅の状態は千差万別です。耐震の対策もお家によって異なりますが、一番大切なことは耐震に限らず、家屋の状況を知ること。
そして「安心して暮らして行くために、どのような対策が必要か」を考えることです。
お家を長持ちさせるために、まずは耐震診断を受けてみることをおすすめしております。

Q2.耐震診断にはどんな人がくるの?

エンラージの一級建築士が行きます。耐震設計のプロです。

知って得する助成金メリット!

<メリット1>対象住宅は耐震診断が無料で受けられます 耐震診断申込みをすると、神奈川県から登録を受けた木造住宅耐震相談士が無料で派遣され、耐震診断を実施してくれます。
耐震診断が完了すると神奈川県木造住宅耐震相談士から「診断結果報告書」「概算補強工事費情報」を受け取ることができます。
※エンラージでリフォームをお考えの方は、エンラージの耐震診断士を指名できます。

<メリット2>耐震補強工事に助成金が使えます。 耐震補強工事に補助金が使えます。条件を満たす住宅は補助の対象になります。

Q2.耐震診断にはどんな人がくるの?
対象内容 補助金額 限度額
現地簡易診断 3万円全額補助
一般診断(現況・補強) 費用の2/3 9万円
耐震改修工事 費用の2/3 100万円
耐震改修工事監理 費用の2/3 6万円
対象内容 補助金額 限度額
簡易診断 相談会を無料で年4回実施
現地簡易診断 費用の2/3 2万円
一般診断(現況) 費用の1/2 5万円
一般診断(補強) 費用の1/2 5万円
耐震改修工事 費用の1/2 50万円
耐震改修工事監理 費用の1/2 3万円
対象内容 補助金額 限度額
一般診断(現況) 費用の1/2 5万円
一般診断(補強) 費用の1/2 50万円
耐震改修工事
耐震改修工事監理
対象内容 補助金額 限度額
一般診断(現況) 費用の9/10 8万5千円
一般診断(補強) 費用の1/2 5万円
耐震改修工事 費用の1/2 50万円
耐震改修工事監理 費用の1/2 3万円
対象内容 補助金額 限度額
一般診断(現況) 費用の2/3 7万円
一般診断(補強) 費用の1/2 50万円
耐震改修工事
耐震改修工事監理

※対象となる住宅には条件があります。
お住まいのお家が対象かなど、詳細はエンラージにお問い合わせください。
※上記の市町村以外でも対応しておりますので、お気軽にお尋ねください。

モデルケース
モデルケース
事例紹介

耐震補強工事事例

■MORE...

無料耐震診断お申し込みフォーム
お客様情報

お名前

ふりがな

郵便番号

(半角英数字)
※ご入力いただくと住所が自動入力されます。

都道府県

住所

返信方法

メールアドレス を入力してください
電話で返信希望 を入力してください

問診

(1)建てたのはいつごろですか?

(2)今までに大きな災害に見舞われたことはありますか?

(3)増築について

(4)傷み具合や補修・改修について

(5)建物の平面はどのような形ですか?(※1階の平面形状に着目します。)

(6)大きな吹き抜けがありますか?

(7)1階と2階の壁面が一致しますか?

(8)壁の配置はバランスがとれていますか?(※1階の外壁に着目します。)

(9)屋根葺材と壁の多さは?

(10)どのような基礎ですか?

(11)その他、ご要望、ご相談内容

具体的なお悩みや、ご要望のあるお客様は以下にご記入ください。

Copyright 2016 ENLARGE Co., Ltd. All rights reserved.