リノベーション・デザインリフォームは南青山・厚木の一級建築士事務所エンラージ

自然素材

健康に配慮した建材にはどんなものがありますか?

床材では、天然無垢材のフローリングに天然塗料で塗装したものが最も安全です。
畳のイグサは天然素材ですが、備長炭入りのものもあります。
内装材には漆喰壁、珪藻土などの塗り壁があり、調湿性や断熱性に優れ、天然のコンディショナー効果が期待できます。

有害な化学物質か発生しやすい部材って何ですか?

構造躯対に使われる合板、パーティクルボード、合板フローリングなどに使われる接着剤、塗料の溶剤、ビニールクロスや合成樹脂の床材に使われる可塑材、また、木材の防腐、防蟻の為の薬剤などが挙げられます。ただし、最近では化学物質を極力含まない建材(F☆☆☆☆)が主流になっており、シックハウスの心配は以前ほどありません。

最近よく聞くシックハウス症候群って何ですか?

住宅に使われる床や壁、構造体などの住宅部材の多くには、いくつかの化学物質が使われています。
代表的なものとして“ホルムアルデヒド”、VOCと呼ばれるトルエンやキシレンなどがあります。
「シックハウス症候群」とは、新築やリフォームの際に使われたそれらの部材から化学物質が発生することによって引き起こされる目、頭、のどなどの痛み、吐き気を伴う化学物質過敏症、ぜん息などの症状を言います。
建築基準法では数年前から新築時に、ホルムアルデヒドの少ないF☆☆☆☆(フォースター)の建材の使用や、24時間換気システムの設置を義務付けています。
お気軽にお問合せください

Copyright 2016 ENLARGE Co., Ltd. All rights reserved.