リノベーション・デザインリフォームは南青山・厚木の一級建築士事務所エンラージ

トイレ

高齢者に配慮したトイレにするには?

まず、和式トイレの場合は洋式トイレへの改修をおすすめします。
壁には立ち座りを補助する手すりを取付し、入口は引き戸か外開きにした方が良いでしょう。敷居につまづかない様段差を無くすことも重要です。トイレに入ると明りと換気扇が自動で付き、出ると消えるような機能にし、便座は自動的にフタが開き、立ちあがると自動洗浄する機能など便利な商品を選択します。
他にも便座が昇降するタイプのものもあります。また、トイレの床が廊下より下がっている場合はかさ上げして段差を無くします。

トイレの便器を取替したい。選ぶポイントは?

最近では節水型で、清掃性を考慮して汚れがつきにくい素材のものが人気です。
取替する際におすすめなのが洗浄暖房便座です。節水・節電・脱臭・部屋暖房機能などバリエーションが豊富です。便器と一体になったすっきりデザインのものもあります。
サイズも種類もメーカーによりいろいろ。機能、デザイン、予算に応じて検討してください。
またタンクレストイレやオート開閉、オート洗浄など最新型のものも人気です。

和式トイレを洋式トイレにしたいのですが。

現状の床や便器を全て撤去してつくり直します。洋式便器を取り付けるのにあたっては排水管の位置なども考慮する必要があります。
最近では、狭い和式トイレの洋式へのリフォームに適応する便器・タンクのセットや、ある程度の排水位置に対応できるリフォーム用(リモデル)便器があります。また、あわせて洗浄暖房便座を取付されたい時は電源(コンセント)が必要になります。

工事中の仮設トイレは用意していただけますか?

工事が長期間に渡り、トイレを使えない場合は仮設トイレを用意します。また仮設のユニットバスも用意することができますので必要に応じてご相談下さい。(共にお見積り致します)

トイレの便器にはどんな種類がありますか?

≪洗い落とし式≫座面が狭く水のたまり面も小さいので、洗浄時に水ハネがあります。
≪サイホン式≫座面がゆったりサイズ。汚物を吸い込むように排出するので、汚物の付着は割合少ないです。
≪サイホンゼット式≫座面がゆったりサイズ。汚物を吸い込むように排出。水たまり面が広いので臭気の発散があまりありません。
≪サイホンボルテックス式≫座面ゆったりサイズ。汚物を吸い込むように排出。水たまり面も広く、洗浄音も静かです。
お気軽にお問合せください

Copyright 2016 ENLARGE Co., Ltd. All rights reserved.